はじめてのビットコイン

menu

話題沸騰!ビットコインって何?

2017年はビットコインが大変な話題となり、社会現象になりました。
しかし「ビットコイン」という言葉は知っているものの、きっちりと意味を理解している方は意外と少ないように思えます。
そこでビットコインとはどういうものか、メリットやデメリットについても取り上げます。

▼目次

仮想通貨とは

ビットコインとは何かを説明する前に、まずは仮想通貨について取り上げます。
通貨はお金のことで、円・ドル・ユーロ・ポンドなど、形は違えど世界中に出回っています。
これらの通貨を発行し管理しているのが、国や政府です。
例えば円であれば、発行・管理しているのは日本の国であり政府です。
銀行の銀行である日本銀行は、円を出す量を微妙なさじ加減で調整し通貨を管理しています。

仮想通貨の基礎知識を詳しく説明してくれるサイトはこちらです。
仮想通貨取引所の基礎知識|日本語対応サービス・金融庁許可業者

そして最近になって、国や政府が発行・管理しない通貨が登場しました。
仮想通貨です。
仮想通貨は円やドルのように、紙幣もなければ硬貨もありません。
読んで字のごとく、仮想上にあるお金を指します。
もっと具体的に言い表せば、仮想通貨はお金をデーター化したものです。
仮想通貨には一説には数千種類あると言われていますが、中でも抜群の知名度を誇るのが「ビットコイン」です。
ビットコインは国や政府が管理しているのではなく、世界中のユーザーによる取引で成り立っています。
これらの取引を管理することにより、一種のお金として世に出回っているという訳です。

仮想通貨と電子マネーの違い

仮想上にあるお金ならば仮想通貨の他に、電子マネーがあります。
電子マネーの場合はカードという形にはなっているものの、紙幣もなければ硬貨もありません。
一見すると、仮想通貨と大差ないように思えます。
仮想通貨と電子マネーは確かに似ていますが、全くの別物です。

電子マネーも仮想通貨と同じく、お金をデーター化したものです。
しかし決定的に違うのは、通貨であるかどうかです。
電子マネーはあくまでも、お金を支払う方法の一種にしか過ぎません。
予めチャージしたカードを使い精算するのが、電子マネーです。
一方ビットコインは、通貨そのものです。
チャージをするも何も、通貨そのものなのでどうしようもありません。

また電子マネーは、チャージした通貨が使える国でしか使えません。
例えば円で電子マネーをチャージしたのならば、日本国内なら問題なく使えるものの、アメリカでの使用は不可能です。
でもビットコインならば、日本であろうがアメリカであろうが何処の国でも使えるようになっています。
その国の通貨に換金する必要がないので、快適な海外旅行が楽しめるという訳です。

ビットコインのメリット

ではビットコインには、どういうメリットがあるのでしょうか。
まずは、個人間での送金が直接できることです。
一般的な通貨の場合、送金するには銀行を介する必要があります。
銀行を介して送金となると時間もかかり、些か面倒です。
でもビットコインであれば直接会ってお金を渡すように、直接送金することができます。
銀行を仲介せずに送金できるので、手数料は無料です。
一応手数料がかかる所もありますが、銀行と比べると格安に設定されています。

またビットコインは仮想上とは言え、お金には変わりありません。
ウォレットを用いれば、店で直接買物をすることも可能です。
ただ仮想通貨そのものに対応している店は、そこまで多くないのが実情です。
でも近い将来は店だけでなく自動販売機までも、仮想通貨に対応するかもしれません。
さらに規模が大きくなれば、世界経済そのものを動かしかねない存在となるでしょう。

ビットコインのデメリット

ただしビットコインにはメリットだけでなく、デメリットもあります。
最大のデメリットは、登場してまだ日があまり経っていないことでしょう。
日が経っていないにも関わらず爆発的に利用者は増えており、対応しきれなくなってきています。
対応しきれなくなっていることが災いし、不正流出などの事件も起きています。
責任は仮想通貨を取り扱っていた業者にあるものの、業者が対応できないほど利用者が増えていることも要因の1つと言えるでしょう。

業者は一応「保証はします」とは言うものの、正直難しいと思います。
何度でも述べるようですが、ビットコインは国や政府がない通貨です。
万が一のことがあっても、保証してくれる所は何処にもありません。
一度消えてしまったお金は、二度と戻らないのです。
クレジットカードで不正流出などがあれば対応はできるものの、仮想通貨では対応が難しくなっています。
「儲かるから」という理由で、単純にビットコインに手を出すのではよくありません。
メリットとデメリットをしっかり把握してから、仮想通貨を始めるようにして下さい。

ビットコインの始まり

ではビットコインは、誰が作り上げたのでしょうか。
仮想通貨の原理は、実は10年近く前から存在はしていました。
ただし当時の価格は微々たるもので、1円もしませんでした。
ただ当時から1円の価値もなかったビットコインを持っていた人は、今は億万長者となっていることでしょう。
ビットコインの運用には、先見の明も求められます。

新着情報

ビットコインのおすすめ利用方法!

ビットコインを所有して、資産運用にあたるのも良いでしょう。
でも折角ビットコインを手にしたので、実際に利用することをおすすめします。
では具体的に、手にしたビットコインをどうすれば良いのでしょうか。
使い方は色々ありますが、特におすすめしたい方法を紹介します。
『ビットコインのおすすめ利用方法!』 の続きを見る

初心者が肝に銘じておくべきリスク

仮想通貨・ビットコインというものがあれば、少しの元手で大きな利益が得られると噂になっています。
確かに上手く事が進めば大きな利益は得られるものの、初心者はリスクも高いということを理解する必要があります。
そこでビットコインのリスクについて、取り上げます。
『初心者が肝に銘じておくべきリスク』 の続きを見る

ビットコインの注意点

ビットコインを手にする際に気を付けたい注意点は、1つだけです。
詐欺には絶対に騙されないようにすることです。
「詐欺には絶対にひっかからない」「怪しいかどうかは直ぐに分かる」と思われたのならば、詐欺師にとっては良いカモです。
仮想通貨を使った詐欺は、後を絶ちません。
日本国内は勿論のこと、世界中で報告されてます。
『ビットコインの注意点』 の続きを見る

ビットコイン以外にもある仮想通貨の種類

仮想通貨のトップを突っ走っているのはビットコインですが、他にも種類があります。
全部で1000種類近くの仮想通貨があり、1000種類の中から1つ選ぶのは容易ではありません。
ビットコイン以外の仮想通貨の種類について取り上げたい所ですが、マイナーな処まで取り上げるときりがありません。
そこで世界中で取引されていて時価総額が高い仮想通貨に限定し、紹介します。
『ビットコイン以外にもある仮想通貨の種類』 の続きを見る